スポンサードリンク


速筋と超回復

筋肉は筋繊維の集合体ということが出来ます。この筋繊維には、縮む速度の違いによって「速筋」と「遅筋」の二種類があるとされています。そして、そのスピードの違いは2倍あるとされています。さらに、速筋は、肥大化しやすいという特徴があります。



速筋は、収縮速度が速いために瞬発力を要するときに活躍します。しかし、持久力に乏しいところがあります。したがって、この筋繊維の多い人は短距離走に向いているといわれます。



速筋を鍛えるには、高負荷低回数のトレーニングが効果的です。高負荷を筋肉に与えることによって筋繊維が破壊されるのですが、これが回復すると、破壊される以前の筋繊維よりも太く再生されます。



これを、超回復といいます。そして、この超回復を得るためには2〜3日の休息が重要な意味をもちます。つまり、速筋を鍛えるには、高負荷をかけて筋繊維を破壊させたならば2〜3日の休息を与えて超回復を待つことの繰り返しが必要ということです。



このときに、プロテインやアミノ酸、とりわけ、BCAAの摂取は非常に有効であると思われています。



メガマッスルプロジェクト〜3ヶ月筋肉巨大化計画〜

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。